交換留学

交換留学とは

高校時代の1年間を海外の高校に留学して現地高校生と同じ生活を送るという交換留学です。
非常に良い経験となりますので、興味のある方はどんどんチャレンジしてみることをお勧めします。
交換留学というと英語が堪能で、成績優秀な生としか参加できないというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
敷居を高く感じて興味があったとしても初めからあきらめているという人も多いと思います。
しかしながら実際のところはそれほど敷居の高いものではありません。
高校生であればだれでもチャレンジ可能ですし、非常に良い経験をすることが出来る素晴らしい制度となっています。
高校生で興味のある方は恐れたりせずに、話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか。
交換留学というのは、勉強というよりもむしろ、国際交流を目的としたものです。
現地の高校生と同じ生活をすることによって、直接異文化を体験できるようにプログラムが組まれています。
語学習得に力を入れた語学留学や、高校卒業を目的とした私費留学と大きく異なる点はここにあります。
留学中、生徒は現地の一般家庭の一員となり、地元の公立高校に通います。
ホストファミリーや学校は、ボランティアで留学生を受け入れていますので、私費留学に比べると費用も安いものとなっています。
留学生用のクラスではなく、現地高校生と同じ授業を受けて、同じ宿題が出る生活になります。
交換留学の窓口はいくつかの留学・交流事業団体に設けられており、選考試験は団体ごとに全国で実施されています。

交換留学について

留学をする方法の一つに、交換留学という方法があります。
これは、国際交流を目的とした留学であり、交換留学生は現地の高校生と同じ授業を受けることになるという点で、私費留学などと違っています。
交換留学の多くはNPOやボランティアによって運営されています。
NPOというのは営利を目的としない組織のことで、その活動を支えているのはボランティアの人たちです。
たとえば現地で学生を受け入れてくれるホームステイや学校関係の人々、さまざまな相談に乗ってくれるスタッフなど、そのほとんどがボランティアとして無償で働いています。
交換留学の費用が私費留学に比べて格段に安いものとなっている理由はそういったことからです。
国際交流の役に立ちたいという善意の心によって、リーズナブルで安全な交換留学は支えられています。
交換留学ではその準備段階からボランティアのお世話になることが多いです。
例えばオリエンテーションでの先輩留学生の協力もその一つとなっています。
現地で苦労したことやアドバイスなど、実際に交換留学を体験した人たちの話は、どんな参考資料よりも現実的でためになります。
誰でも行く前は不安が大きなものです。そのような不安を和らげてくれるのが、同じプログラムに参加したことのある先輩たちの声です。
帰国後に今度は自分が先輩となって体験談を伝えていくことで、じぶんも国際交流の役割を果たしていくことが出来るでしょう。
このように、国際交流の観点から交換留学は非常に重要となっていますし、参加することで、自身のためになることは非常に大きいです。
興味のある高校生はまずは一度説明会などに参加してみてはいかがでしょうか。

更新履歴


このページの先頭へ戻る